2017年2月11日土曜日

石川雅規選手の投球フォーム(スローモーションあり)

石川雅規選手の投球フォームの映像(スローモーションあり)です。動画はこちらからご覧下さい。→YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

スリークォーターから平均球速135km/hのストレート、スライダー、カーブ、スクリュー、カットボール、シュート、チェンジアップなど、多彩な球種を駆使してバッターを打たせて捕ります。特に球速90km/h前後という超低速のスローカーブを投げる事があり、「カツオカーブ」と呼ばれています。コントロールピッチャーの中でも取り分け球速がないのですが、その代わりに抜群のコントロールを持ち味としており、四死球はセ・パ両リーグ通じてもトップクラスの少なさです。ちなみにこの「カツオ」というのは見た目が似ているという事で、2005年に当時チームメイトだった青木宣親選手から命名されたアダ名だそうです。本人も気に入っているとの事。