2017年2月4日土曜日

攝津正選手の投球フォーム(スローモーションあり)

攝津正選手の投球フォームの映像(スローモーションあり)です。動画はこちらからご覧下さい。→YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

球種は平均球速139km/h(最速148km/h)のストレートと速度や変化の違う数種類のシンカーを中心として、その他にカーブやスライダーがあり、これらの球種でバッターを打たせて取ります。テイクバックが非常に小さく、バッターにとって非常にタイミングが取りづらい投球フォームをしています。そのフォームでありながら全ての球種を同じフォームで投げる事ができ、かつ四隅に投げ分ける抜群のコントロールとスタミナを持ち合わせています。尚、その抜群のコントロールはダーツで培った(本当かどうかは分かりませんが、投げ方を見れば確かにそう言えるかもしれません)そうです。